紫竹庵ホームへ
商品カタログ ギフトカタログ 店舗案内 送料とお支払 特定商取引法に基づく表示 HOMEへ メール
大徳寺納豆商品詳細 大徳寺納豆とは? 紫竹庵リンク集 個人情報の取扱いについて コラム・ほぼ毎日更新!
HOME - コラム

コラム「モリグー」の今日のひとり言

最新号
| 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年 | 2001年 | 2000年 | 1999年 |
  2002年 12月 のひとり言

 | 12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月 |
店主 森口壽也 (通称モリグー)



2002/12/24
「子供の想像力」


2002/12/21
「堀川」


2002/12/13
「おでん」


2002/12/12
「感動した」


2002/12/11
「長野」


2002/12/07
「あほか」


2002/12/06
「パロディ」


2002/12/05
「早いな」


2002/12/04
「なぜ、Kは、車線を変えたのか」


2002/12/24 「子供の想像力」
TVのCMで学校の先生が自由な絵を描きなさいと子供に言うと、一人の子が紙を真っ黒に塗りはじめ、何枚も黒く塗りはじめました。 担任の先生が心配をして、親や医者に相談している最中でも、真っ黒に塗っていますが、所々に白いところがあります。 とうとう、少年が、精神病院に、入院させられましたが、まだまだ、何枚も黒と白の絵を塗り続けています。 ある時、看護婦さんが、何かに気付いたように、絵を並べはじめます。 そして、それは、体育館いっぱいの大きな絵になって、つなげると大きな鯨の絵になりました。
子供の想像力を奪わないでくださいと字幕が入ります。初めて見たときは公共広告機構のCMだけに、ショッキングな想像をしていましたが!イヤハヤ、ですわ。なるほどと感心しました。

2002/12/21 「堀川」
堀川をいつも通ってますが、かっては、立派な川でした。
いつの間にか、放置され、破壊されました。一条戻り橋で記念撮影をしている、旅行者を見ていると、怖い物知らずやなと見ています。チミモウリョウがばっこしていた時代の面影は全く無いけど、やはり怖い場所ですね。
もう一度、川が流れている堀川とチミモウリョウをみたいですね。

2002/12/13 「おでん」
庵主は、幸か不幸かあまり、お酒が飲めません。どちらかと言うとご飯好き党です。
ここでいつも思うのは、おでんは、ご飯のおかずになりにくいのです。 だから、あまり好きでは、無いのですが!何故なら家のおでんは、ごった煮に近く少なくなると汁が濁り、塩辛くなるから嫌いなんです。 コンビニのおでんは、いつまでたっても汁が透明で辛く無いので、最近は、コンビニのおでんをおかずにおにぎりを食べることが増え、少し見直し始めました。
一度、関東に住んでいたときに、おでんやさんに行った事がありましたが、関西式は、まだありません。一度行ってみましょう。

2002/12/12 「感動した」
十二月十日の京都新聞の夕刊に宗教の話が載っていました。 読んでいますと思わず感動しましたと言うか、心に残りました。
要約すると、人生は砂浜を歩くと足跡が残るように一人で歩くとひとつの足跡しか残らないが神と歩くと二つの足跡が残る。しかし人生のある部分はひとつの足跡しか無い部分がありました。 この部分は、この男が人生に悩み神に問掛けた部分でした。この時は神は男におぶさって歩いていた時期と共に歩いた時期だからひとつの足跡しかつかなかったと言う話です。
私は、この話を読んで、神の部分を嫁さんに当てはめて考えてしまいました。こんな風な嫁さんが欲しいです。待ってます。宛先は一言メッセージまで。

2002/12/11 「長野」
菓子学校の友達が、実家の無農薬の林檎を送ってくれました。 箱を開けると、長野の新鮮な空気と初恋のような甘酸っぱい香りが漂いました。 ワックスもない、本当のリンゴでした。こんなリンゴを見ていると、かじりたくなりませんか?。
庵主はマジでかじりました。 この日本で安心して皮付きのままかじれるリンゴは、少ないでしょう。
じゅんちゃんありがとう。じゅんちゃんの長野のおじいちゃんありがとう。残りはジャムにしてパイに詰めて食べます

2002/12/07 「あほか」
国会議員はあほか、高速道路法案の改革意見は多数決で決まりました。
その多数決を批判した自民党のおっさんがいます。 多数決で決まるのは如何なものかと言ってましたが、お前らはいつも多数決で決めているではないか、違うのか!

2002/12/06 「パロディ」
只今、ドイツでシュレイダー首相のパロディーの歌が大ヒットしています。 増税を皮肉った歌ですが政治を楽しめるのは良い事です。 小泉君はもう皮肉も言えないくらい末期症状です。
こう、何て言うか変えてみたいですね。世の中を!

2002/12/05 「早いな」
一年はアッという間やで、もうすぐしたら、お正月ですね。
小咄をひとつ。
昔、馬鹿なおとっさんと馬鹿な兄弟がいて、馬鹿な弟があんちゃんに、「一年は十三ヶ月だね。一月二月に・・十二月にお正月だね」。
それを聞いていた馬鹿な兄貴が「馬鹿だな一年は十四ヶ月だ、お盆が抜けているよ」
それを聞いていた馬鹿な親父が「えらい!兄貴は兄貴だけの事はある」
何いってんだか!親子馬鹿と言う小咄でした。

2002/12/04 「なぜ、Kは、車線を変えたのか」
ある県道を友達の車に乗って走っていました。この日はお通夜に行き夜中に帰っている最中でした。
まっすぐな県道の左車線を走っていると、交差点の信号が赤に変わりブレーキをかけて停まろうとすると、何気に車線を右に変えたのです! そして一分後に「グワッシャー」と機械が潰れるいやな音と振動がしました。横を見ると軽自動車にバスが突っ込んでいました。 本来ならば、軽自動車の後ろに我々がいるはずでしたが、「何気に無く」が明暗をわけました。
この日はお通夜の帰りでした、もしかして・・・・


過去のひとり言 | 2006年 | 2005年 | 2004年 | 2003年 | 2002年 | 2001年 | 2000年 | 1999年 |
▲このページのトップへ

送料無料! インターネットでご注文のお客様に限り税抜3,000円以上お買い上げの方は送料無料!
  ※ 地域により一部ご負担いただく場合があります
  ※ お電話でご注文の方は、必ず「ホームページを見た」とお伝えください